スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EATING SUNSHINE 

playing

久々にスペイン日記に戻ります。
今スコットランド。アイルランドより天気はいいけど
久々にこのブルースカイを写真でみたらああいますぐスペインにもどりてぇぇぇと。

友人と一緒に、バルセロナから電車で20分ほどの小さな町、シッチェスにいってきました。
ゲイの人たちに大人気の街でヨーロッパ中からゲイのみなさんが集まってくるんだそうです。
ちなみに私の意見としてはゲイに人気の街はいいところが多い気がする・・・
ボヘミアンで自由なな雰囲気漂ってて。Galwayもそうだしねー

そしてここは
天気もよくて街も綺麗でビーチもあって・・・

beach

人生初の地中海!!!
と、私のテンション急上昇。
友人は日光浴をはじめ
私は11月だったけど寒くなかったのでとりあえず地中海に入っておかんとー!と突撃

sea

と、海で遊んで帰ってきて、友人とのんびり日光浴。
突然彼が言い出したのは

「よく考えてることがあるんだけど」

何なに??

「人間ってなんでも食べるよね。食べ物だけじゃなくてたとえば雨や空気、霧だって。
で、思いついたんだけど、日光も食べることができるんじゃないか、って・・・

・・・う、うんそうだね!!!

「実はすでに何度かためしているんだ!
まずはリラックス。それから太陽に向かって口を大きくあけて・・・舌も可能な限りだして!喉の奥に光があたる感じで!さぁ!!!れっつ・いーてぃんぐ・さんしゃいん!!!


リゾート地のビーチに座り
口をあんぐりあけて微動だにしない半裸のスペイン人と東洋人の女・・・

さぞかし奇妙な光景だったであろう・・・


20分は日光食べ続けてました。

「うーん。おなか一杯!美味しかった!」

私、地中海の太陽の味、一生忘れませんよ(笑)

villanova

でもやっぱりおなかへった!とかいってピザを食べた我々。
サンシャインは心の栄養に。

スポンサーサイト

バルセロナの盗人 

さて飛行機であっというまにバルセロナに着いた私。
友人の家に泊めてもらう予定なのですが、彼の家は電車で20分ほどの郊外なのです。
まだ着いたばっかでお昼前だし、
ちょっとバルセロナの見てからお邪魔しようかなーーーと思った私。

バス停でうろうろしてたら、かわいらしい2人の女の子が話しかけてきた。
地下鉄に乗るんなら駅まで連れてってあげる~みたいなことを一生懸命言ってくるので
それじゃあ~と案内してもらうことに。

で、私はでっかいバックパックを背負っていたのですが。
階段とかで、なーんか後ろに引っ張られてる気がする。
そしていろいろと話しかけてくる子はいつも一人。
もう一人は気づけば私のバックにいます★あれ?あれあれ?なんかバックパックのチャック開いちゃってない?(^v^)

もちろんアホな私もそんなとこには貴重品入れたりしてないけど
たとえ小娘2人と言えども、自分がターゲットにされてると感じた瞬間から感じ続けるこのなんともいえない恐怖と緊張。
でも、てめー私の財布狙ってやがるな後ろ開けおったなぁぁぁという態度をバリバリだしまくったら
「ここが駅よ~じゃ~ね~」みたいな感じで去っていきました。

昨日・洞窟オヤジ、今日・泥棒コンビにあって
スペイン旅行終盤で一気に精神折れ。
バルセロナ市内観光をあっさり諦め
友人に「今からいってもいいデスカ・・・?」と弱弱しく電話したのであった。

susetttt

バルセロナ郊外のその街は
地中海に面したたいそう美しい街で

精神的にくったくただったので
シャワー借りて眠りこけ

red1

散歩に行ったら夕日が綺麗で
帰り際に白ワインひっかけ

手作りのパエリヤをいただき
ギター弾いたりアフリカンドラム叩いたり歌ったり
最終的には映画見ながら眠りこけてました。

なんたるピースフルタイム。

ちなみにそんな友人は偉大なる3Dアニメーターなのです。

HPはこちら★

動いてるのもすごいけど
Picture(写真コーナー)がなんとも素敵なのでぜひ。
アイルランドの写真もいっぱいです。
ネコもいっぱいです。

ロルカ記念館 

スペイン日記にもどります。

さてさて、洞窟オヤジから逃げてバスに飛び乗ったら、
ガルシア・ロルカ公園なる場所につきました。

ろるか公園


ロルカといえば唯一知ってたスペインの詩人。
彼はグラナダ郊外の村出身だったのです。
そしてこの公園内にはロルカとその家族が夏の間住んでいた別荘があるというので行ってみました。

こども

といってもここは完全ツアー形式で、
ガイドさんが案内してくれるまでおそとで待ちぼうけ。
今日のお客さんはスペイン人4人+私だったので、ガイドさんスペイン語と英語を流暢に使い分け。

ろるか家

お土産にロルカのポストカードを買いました。
これまた色気があっていい男なんだロルカ!

ガイドさんに、「日本人はここにはあんまり来ないんだよー」といわれ。
えええ地球の歩き方に載ってますけど!みなさん行ってあげてください!
洞窟よりもこちらを私は推します(笑)

夜はエキゾチックな店の並ぶ小道をうろうろして

こみち

次の日の早朝に飛行機でここを発ちました。
空港名はもちろん
「ガルシア・ロルカ エアポート」

ろるか空港

正味2日のグラナダだったけど
満喫した!

やまやま

ちなみにスペイン国内旅行は飛行機がおすすめ。
バスや電車の風景も風情があっていいけど
7時間の行程が1時間だったり
30ユーロぐらいする運賃が
格安飛行機だと10ユーロぐらいでお得だったり。
私はグラナダからバルセロナまで5ユーロ強で飛びました。

洞窟変態オヤジの巻 


どうくつエンジョイ中の私にカタコトの日本語で話しかけてきたおっさん
この洞窟の説明をしはじめた。

どうくつ

夏は涼しいつくりで~だの昔はこのあたりにもっと洞窟が~だの。
それで私は何故かこのおやしいおっさんが、洞窟関係者だと思ったわけだ。

そしたらおっさん
「ここからもう少しいった洞窟には機織り機とかがあるから、案内シマス」
とか言いだすではないか。

今思えば怪しいけど私の中で洞窟関係者だったので
じゃぁ機織り機みたいし行ってみようかと思っちゃったわけである。
ところがその洞窟いけどもいけどもつかず、おっさんはモウスグモウスグといって歩き続ける(怪しい怪しい)

で、ようやくついたその洞窟には
たしかに機織り機はありましたよ。
あったけど他にもテレビとかお皿とかもころがってて
妙に生活感溢れた洞窟だなーと思ってたら

「ワタシのイエです」

お前の家かよ!!!!!

どうでもいいけど友達もいない異国の地、洞窟の中でのアウェー感はちょっと他では味わえない程のハンパなさ。

そしてあっさり本性あらわしたおっさんは迫ってくるし。ヤバイこれはちょっとかつてないピンチすぎるあわわわとパニックな頭で私が考えていたのは


友達もいないし
海外旅行保険は切れてるし
宿はイリーガルだし
目撃者もいない洞窟だし


もし私がここで犯されて殺されて身ぐるみはがされて埋められたら
誰も私の消息を知ることなく
アンダルシアの風に・・・


な っ て た ま る か

と、座ってた椅子をけっとばす勢いで「帰る!!!!!」とすごんだら
おっさんもあきらめ戸を開けに行った。てゆうかこいつしっかり施錠してたし怖すぎる。

外に出たらとにかく猛ダッシュで逃げ行き先もよくわかんないけどやってきたバスに飛び乗りました。
そして一人反省会だよ。バカバカ私の馬鹿モノー!この平和ボケー!でも何事もなく脱出できてよかったー!!!


日本人女性旅行者の皆様へ

グラナダの洞窟博物館付近に出没する
片言の日本語を話し、過去日本にも行った事があるという機織り職人のおっさんには要注意です。

まとめ

・保険には入っておくこと

・イリーガルホステルには泊らないこと

・知らないおっさんにはついていかないこと


この3点ですね!(子供でもわかります)

てゆうかほんとうに
私レベルの馬鹿じゃないかぎり
グラナダは思ったより危険な街ではございません。

いえ4

久々に反省したわ。
いやっでもほんとに怖かったって!!!

洞窟をみにゆこう 

ぐったり疲れて極寒のアフリカンルームで爆睡し
翌日の早朝にバルセロナに移動するので実質グラナダ観光最終日。
究極の馬鹿をやらかした日でもあるのですがそれはのちほど

今日は昔ロマが住んでいた洞窟ハウスの見学に行ってきました。
洞窟ハウスもおもしろかったけど
ぷらぷら歩いたそこまでの道中が楽しかったー

ふんすい
ミュージシャンはいるし

cafe
黄色っぽいし

いえ1
家はかわいいし

いえ2
天気も最高だし

ぷー!
ぷーさん捕獲されてるし

きゅーぴぃぃぃ!!!
赤子も干されてた。

そんな奇妙な道の先にある洞窟博物館。
そこでまったりと洞窟をエンジョイしていた私に声をかけてきたスペイン人のおっさん。

あらゆるガイドブックが言っている

「カタコトの日本語で話しかけてくる人物には気をつけよう」

これはガチ。

つづく

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。