スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならレオン 

さてさて今日はレオンにさよならする日だ。
バスに乗ってマドリッドに向かうのだ。

レオンには結局5日滞在していた。
あんま見るところの無い小さな街だし、3日ぐらいが丁度いいと云われその予定で来たのに気がつけば5日も過ごしていた。
まず5日耐え抜いた私の胃に敬意を表したい。
毎日楽しかったのはヘクトル兄貴と愉快な仲間たちのおかげだったといえよう。

しかし本当にお世話になった。や、あまりにもお世話になりすぎた。
ここ5日間つきっきりでこんなへなちょこジャパニーズの世話を焼いてくれて・・・思い返せば自由時間なんて風呂の時以外あったか?なレベルである。さぞかし大変な5日間だったでしょう。世話焼かれてた側の私も多少疲れ
(ちなみにマドリッドまでのバスの時間を調べ予約し、マドリッド近辺に住んでいる私の友達に電話をしてOO時にバス停まで迎えにきてくれるよう話もつけて下さった神)

そんなわけで「ありがとさんくすぐらしあす!」
バス停まで送ってもらってる時に何度も云ったのだけれども

「なーんもありがとうなんて言われることしてないからもー言うな!」
とおこられてしまったのであった。

そんなこと言われてもなぁと最後に

「レオンにいた5日間すっごく楽しかった!
酒も料理もあとヘクトルの友達もみんな最高!
レオンに来てよかったよーーーまた来る!」

と云ったら

「それがききたかった!」

と喜んでくれたのでありがとうは心の中で呟いて、
ハグ後バスに乗り込もうとしていたら

「おい、席の番号は29番だが番号は前の席から1,2,3・・・とならんでて・・・数字はシートに書いていると思うが・・・解るか!?」

兄さん、あなた私のこと小学生以下の子供だと思ってますね。

やや脱力しつつそれでも「マドリッドで困ったことがあればすぐ電話しろよー!助けに行くからー!」と言ってくれるのを有り難く思いました。暴走しがちだけどめちゃくちゃ友達思いの本当にいいやつなのだ。
よーしレオンまたいつか来るぞー!


さてバスに乗って5時間。
雪もちらほらな山岳地帯レオンの風景から一変、延々と続く赤茶けた大地。
マドリッドの第一印象は近未来!!!
荒涼とした大地の果てに突然、月のコロニーのようにドカンとビルのシルエットが浮かびあがる。
なんだか想像を超えた巨大都市でした。

バス停ではばっちり私の親友のうちの一人アンヘラが待っていてくれて
不安も疲れもやっぱり吹き飛び。
彼女の家はマドリッドの郊外、アルカラ・デ・エナレス(Alcalá de Henares)というところにある。電車で40分。

このアルカラという街は、「ドン・キ・ホーテ」の作者セルバンテスの生まれた街だ。
古い城壁に囲まれた尖塔や教会の鐘つき塔の上には
たくさんのコウノトリ!

コウノトリさん

アンヘラは彼女のお父さんお母さんと一緒に住んでいる。
アルカラに就いた時点で夜の10時。

彼女の家におじゃましたら、そこにはビッグディナーが用意されてあった。

「母さんの作るスパニッシュオムレツは世界一なのよ!長旅でおなかすいてるわよね!私たちもペコペコ★Lejanoが来るの待ってたんだもん!」


私の胃の安息は、しばらく訪れそうにない。

スポンサーサイト

スペイン語教室潜入 

ちょっと二日酔い気味で昼ごろ起床。
ふらふらとキッチンに行くとヘクトルが料理してた。
何つくってんの~?と聞くと、

「おお、どうせお前また油っこくないものが食べたいとか言うと思って今カレーを作ってる!あと30分ぐらいでできるからテレビでも見て待ってろ!」

お気づかい涙が出るほどうれしいけど二日酔い起き抜けにカレーって。

そしてカレーって油っこくないたべものに(以下略)


この日はマリオが教師をやっているスペイン語の授業を受けてみることにしたのであった。

レオンには無料で開校されているスペイン語学校がある。
その昔ある大富豪が、貧しい国からの移民や難民がやっとの思いでスペインに辿り着いてもスペイン語を勉強するお金がなく、もちろんそれゆえに職も見つからない状況を憂い、自らの財産を投げ打って開いた無料の語学学校なのである。
それゆえ生徒はアフリカ系移民、中国人、ルーマニア人等々。
扉の前には各国の生徒さんがその国の言葉で書いた「スペイン語教室」のサイン。
この日の授業は「履歴書の書き方」でしたよ!
授業オールスペイン語で心の耳で聞いて理解するしか無かったけど!

そして私の席の前に昔のヤンキー風のルーマニア人男性が座っていたのですが
彼の首にはなんと日本語のタトゥーが。

「だに」

と・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


ま!それはさておき、なんともいえない雰囲気のある学校で、2時間だったけど楽しかった。
マリオは自分の仕事がとても好きだと云っていた。
生徒もみんな好きだと云っていた。

おかみさん

そしてこの日は私のレオン滞在最後の夜なのであった。
というわけでというか毎日だけどBARにまたしても繰り出したのである。

この日もうろうろBARを梯子、ヘクトル&マリオの友達たちとまたどんどん合流し、
最終的に流れ着いたのが写真のBAR.
年老いた夫婦が2人でやっている、客もまばらで物静かなBAR。
壁には写真が貼られているが、余計な装飾は無く白い壁の殺風景なBAR。

「このBARだけは昔からずーーーっと変わってない。出す酒も、タパスのチーズも、店内も。これってスゴイことだろ?だからいつもなんとなく、ここに皆で通ってしまうんだ。で、みんなで変わってないなぁって」

BARにて

これ以上この街にいては胃腸的によろしくないのはわかっているけれど
最後の夜かと思うとやっぱり寂しいのである。

お、そういえば、とマリオに今日見たルーマニア人生徒のタトゥーの話をする。

「ねぇねぇそういえば今日私の前に座ってた人、日本語で刺青しててさぁ、''だに''って・・・」
「あぁ、ダニは彼のニックネームだよ。フルネームはダニエルなんだ」

「ああそうなんだーーーーーー!OKOKわかったよアリガトー!!!」
「ん?その反応・・・さては日本語でなんか変な意味があるんだな、先生に教えなさい!」

・・・・・・・・・バレターーーー!!!!!

わいわい

今度またレオンに来たら
またみんなでここに来よう。
まるでタイムトリップだから!
でも急げ、店主のじいさんがくたばる前にな!

うわぁ店主様、私も急ぐので、どうか長生きしてください!
どれくらい先かはわからないけど、また遊びに来れる日が楽しみになってきた。


「よし!そうかそうか、これは是非明日ダニエルに教えてあげなければ・・・!
君の首にある日本語のタトゥーは、実にDISGUSTINGな寄生虫を意味していることを!!!」


・・・もどってこられるのはほとぼりが冷めたころになりそうである。


美味いワインと友達と 

「起きろー今日は村の祭りにいくぞーーー!」

と、起きたらリビングのソファーの上であった。
昨日油っこくないピザ直後に寝るのも激しく胃もたれする気がしてDVD「オーブラザー!」見てたらそのまま寝てしまっていたのであった。
「ソファーでよくねてたなー」ってだから起こしておくれよ・・・!!!

だらっと準備して村の祭りに出発。
あらうふふ、ヨーロッパの小さな村のお祭りって素敵じゃなくて?
民族衣装着た可愛い娘さんが輪になって踊っていたりするのかしら!

なんて爽やかな妄想してる心の余裕も兄貴の運転で即座に吹っ飛び。
お兄さん、私カーブの向こうにあの世が見える。

しかし今回は助手席にマリオもいる。
早速助けを求める私。
「ねーねーヘクトルの運転ちょ、危ないよね!よね!!!」

「はっはっは、確かに彼の運転は危険だけど僕12年間こいつの運転する車に乗っててこの通り生きてるからダイジョーブ★こんなこともよくしてるし!」

と、マリオが助手席から手を伸ばしハンドルを握りヘクトルはアクセルのみ操り両手で巻煙草を製作していた・・・
ヤブヘビとはまったくもってこのことである。

そんなこんなでなんとか生きて村の祭りに辿り着く。
美しい山の谷間にある可愛い村である。
民族音楽も鳴り響いている。屋台もいっぱいである。
美味しそうなレオン伝統料理もたっぷりである。が、何の反応も示さぬ我が胃。(おいたわしや)

村の楽団

兄貴の幼馴染のみなさんとも合流。
実はみんなして元ヘビメタバンドのメンバーだったらしく皆さんなにやら強そうだけどスパニッシュなんで基本人懐っこくて優しいのであった(何このスペイン人に寄せる絶大な信頼)

そしてみんなして5ユーロ出し合い、ワインとチョリソーとパンを買い込み、外でみんなで飲み食いしたのであった。
胃が死んでるとか言ってる場合じゃないこのチョリソー&ワインの美味さぁぁ!

チョリソー

兄貴チョリソー分厚く切りすぎです!!!でも異論はありません!!!

みんなそろって5歳のころから仲良し、ということで、うわーなんかイイネーそうゆうの。
「俺はこいつとはこうでこうでこう出会ってこいつとはこんなで、でこいつとは一緒に・・・」
みたいな話をたくさん聞いて正直内容はよく覚えてないけど和んだよ。
ほんと友達大好きなんだねヘビメタなみなさん…!!!

帰りに車の中でヘクトルがこう云った

「今日は最高の日だったなー。美味いワインがあって、自然があって、昔からの友達と、遠くから自分を訪ねて来てくれた奴がいて・・・これ以上何を望む?」

いやまったくである。うんうん、そんな風に思える人生っていいよなぁぁ。
案外得難いものだけど。

「よし!じゃ、このままウメド(BAR満載の繁華街)に行って飲み直すか!」

ちょ、あなた今しがた今日のまとめしましたよね思い残すこと無い方向で!兄さんわたしもうチョリソーとワインで限界突破済みです!!!





この日の記憶はおぼろげである。

先生、ピザは油っこくない食べ物に入るんですかー!? 

3度目の正直で遂に「レオン大聖堂」に侵入を果たす。

レオンライオン


今日はスーパーガイドとして、兄貴の親友マリオ氏が案内してくれるそうで。
マリオはスペイン語の教師をしている人格者でほんとにいいやつなんですが
こやつら大聖堂の前でこういった。

「俺達、実はカトリックの教会には足を踏み入れない誓いをたててるんだ」

そうかそうか・・・なんだかんだとアウトローかつ反体制なこの人たち、
闘牛の反対運動もやってるとかなんとか(残酷だ、と)
カトリックの教会という組織に良い感情を持っていないのもまぁうなづけるが
ちょっとまて、と。
案内してくれるのではないのか、と。

や、だけどまー誓いぐらいヘーキヘーキと2人で十字切ってカテドラルに飛び込んで行ったけどそんなことでいいのか誓い。

この大聖堂のステンドグラスはスペイン一美しいと云われている。
中はひんやりとしていて、ガラスの色は太陽の光加減によって変わっていくのである。
写真はうまく取れなかったのでレオンにお出かけの際は是非(以下略)

マリオは実はふだんからスペイン語教室の生徒を案内してよく来ていたようで、協会内部の像やレリーフについて何でも知っていて実に頼もしいガイドであったが誓いは日常的に破られていたようである。いいのか。いいのだな。そうか。

そしてカテドラル内部に奇妙な機械を発見。これは何?と聞いてみると・・・

なんとそれは、小銭や現金が無い人でもクレジットカードで寄付ができるよ!という
なんともなんともなんともなぁ、なマシーンだったのである。

「見ろよこれ!!!こんな機械が取り付けられてる!!!
 …教会の考えそうなことだろ!どんな状況でも金を集めることを考えている・・・」


兄さん方、気持はわからんでもないけど声がでかい。

大聖堂

そんなわけで実に楽しいレオン大聖堂であった。
実に美しい場所であるが反体制なお兄さんたちと行くのはお進めしない。

ところで私の胃腸はもはや限界を超えていた。
朝からスープ啜って特に食欲もなく、というより食べてない状態がベスト!
そんなわけで私はけっこう快適だったのですが

「朝から全然食べてないじゃないかー!大丈夫か!何か食え!!!」
と詰め寄られ、そうだお世話になっている身で心配かけてはいけないと思い

・・・じゃあ何か、油っこくないものを・・・

とリクエストすると、

あ・・・油っこくないもの・・・?ピザか!?よし!!!

え、ちょ、ピザって油っこくないものにカテゴライズされるんですか!!!


・・・食べたよ。食べましたよピザ。

深夜2時に、
生地から捏ねてつくっていただいたピザを、

誰が食えないといえよう・・・
超おいしいとかよく云った私。大人の対応出来てるヨシ!


耐えろ私の胃。

雪山寒村脱走兵士 

昨日はバルを梯子し就寝4時。
心身胃腸ともに疲れ果て、ああもう今日は寝れる限り寝続けよう!と勝手に決心してたのに

「起きろ!今日は山に行くぞーーー!」

と起こされてしまったよ。本気デスカアナタ。山とかいうテンションじゃないですよ。
とかいいつつ兄貴の運転する走る棺桶車に乗ってると目が冴えてくるというか動悸が激しくなるというか。

レオンは山岳地帯で、美しい山間に村がぽこぽこ

雪と村
この村の名前は「豚飼い」って意味らしい。豚飼い村!

てか、雪、雪ですよ!!!
私サンシャイン求めてスペインにきたのになんで雪山にいるのかしら!
思わず雪合戦はじめてしまったよ!
寒い上に参加者2名、いたるところに牛糞の罠が潜んでいるので1分でやめたけど!!!

このあたりの風景は、雪山、ごつごつした岩山、これまたイメージしていたスペインとは一味違う。
この山奥で、スペイン内乱の際逃亡した兵士が隠れ住んでいたらしい。
なんと25年間。
彼は俗世から隔絶され、内乱終結のニュースも知らず、ひたすら隠れていたのだ。
ごつごつした岩の洞窟で。
そしてやっと、平和になったかと思われた世で発見された彼を、
フランコ政権は

死刑に処したそうだ。


あんまりだろそれ…25年の隠遁生活後・・・

river

この一帯にはたくさんの兵士が隠れていたそうだ。



なにはともあれ雪山は楽しかったし、今度こそ侵入しようと思っていたレオン大聖堂はお約束のように今日も営業時間が終了していて今日も飲むぞーとスペイン人の尋常じゃない体力に付き合って行ったBarではタパスにグミ!が出てきて、そればっかりもぐもぐしてて幸せであった。

がんばれ胃腸。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。