スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LONDON CALLING! 

お久しぶりです!

先日ロンドンにいってきました。
アイルランドにいたときも避け続けていたロンドン。
大都会、住むには大変、自分はあまり好きじゃない…等等
ネガティブ意見ばっかりきいてたのでなんとなく避けていたロンドン。

友人がいるので行ってみることにしたんですが
ロンドン橋からのこの眺め

帝都

かっこいいいいいいまさに帝都!!!

そして結論から言えば
ロンドン、超楽しかった。
そんでもって冷たいと噂だった人々も
親切な上にフレンドリーでヘルプフルでした。
誰だ、ロンドンの人間が冷たいなんていったのはー!
実際ダブリンもみんなフレンドリーだったし
本当に評判どうり酷かったとこなんてパリぐらいじゃん!(コラ★)

よくかんがえたら昔から
イギリスの歴史や映画、文学大好きだったので
チューブの駅名みてるだけで楽しくなる。
ウォータールー、パディントン駅、トラファルガー広場、ウェストミンスター寺院にロンドン橋ベイカーストリートにテムズ川。

トラファルガー広場のネルソン提督のかっこよいことといったら!

ネルソン提督

惚れるわぁ。やっぱりボナパルトよりネルソン提督よね!(知らん)

あとは音楽映画やドキュメンタリーでみんなが目指すロイヤル・アルバート・ホール

あるばーとほーる

妙に感慨深い。ここがあの!

だんしんぐ

そしてシェイクスピア劇場の前で当時の格好をした方々がみんなで当時のダンスを再現。
ここのひとたちほんと気さくでフレンドリーでした。
一緒に写真とっていい~っていったら、俺も俺も!みたいな感じでわらわら集まってくれた。かわいい

ろんどん

そして最大の目的は久々に友人に会う事。
見事再会を果たしとにかく話した話した。
彼女は今はロンドンで教師をしているけれども
女優も舞台監督もしている素敵なアイリッシュの女の子です。

いろんなこと話して
お互いの悩みなんか話してて
そしたら急に彼女が

「To be, or not to be. that is the question.」

「ハムレットの台詞よ。私たちはいつも自らに問いかけ続けないと」

アイルランド人と話していると
突然詩の一片なんかがぽんっと飛び出すことがあって
そうゆうのに私はいつも意識をもっていかれるのですが。


そのあとでこの言葉をアイルランド語でも言ってくれたんだけど、残念ながら覚えてない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。